開発実力

現在地: ホームページ > 開発実力 > R&D実験室

R&D実験室

当社は先端の技術実力と研究・開発能力を持っています。5000あまり平方メートルのR&D総合センターには、有機合成標準実験室、キログラム級実験室、高圧実験室、精留実験室、分析テストセンターを設立しています。R&D総合センターは100 mlから50 Lまでの設備の通常の反応能力と100 Kg/cm 2以下の高圧反応能力、連続反応固定床及びその他の先進的な器具設備を備えており、各種の常規及び特殊反応タイプの実験作業を行うことができます。

当社は専門家プロジェクトチームを設立し、海外のR&Dチームを導入し、米国の有名な医薬と農薬分野で技術開発を担当する専門家を筆頭になさって、国内の経験豊かなR&D担当者と一緒に、QI-CHEMの強大な技術R&Dチームを構成していました。同時に、大連理工大学、中国科学院大連化学物理研究所、大連民族大学などの高等教育機関と協力して、フッ素化工業界のトップの外国人専門家をテクニカルアドバイザーとして招かれ、新型の高性能な医薬品、農薬と液晶素材の中間体を共同開発し、ワールドワイドのトップ500医薬と農薬企業のに契約カスタマイズ加工とアウトソーシング業務を提供しています。

当社は36名の専門研究開発担当者を持っています。その中に博士4名、修士以上は11名です。会社は技術の研究や開発やイノベーションを非常に重視しています。現在はすでに授権された特許技術58項目、独自の技術100あまりを持っていて、中の約60%は世界トップ技術です。



R&D実験室

モバイル版